キャッシュされないページをPHPで作る


例えば、ショッピングカートで“お買い物かご”の中味のページを表示する場合など、ブラウザのキャッシュを無効にして、必ず最新の内容を表示させたい場合があります。

キャッシュさせたくないページを直接Htmlで作る場合は、<header>タグ内のメタタグに

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="cache-control" content="no-cache">
<meta http-equiv="expires" content="0">

のように記述します。

PHPでヘッダ情報を出力する場合は、Htmlを出力する前に、以下のheader関数を呼びます。

header( 'Expires: Sat, 26 Jul 1997 05:00:00 GMT' );
header( 'Last-Modified: ' . gmdate( 'D, d M Y H:i:s' ) . ' GMT' );
header( 'Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate' );
header( 'Cache-Control: post-check=0, pre-check=0', false );
header( 'Pragma: no-cache' );
タグ:
カテゴリー: PHP
キャッシュされないページをPHPで作る” への1件のコメント
"キャッシュされないページをPHPで作る" に 1 トラックバック・ピンバック
  1. […] header( 'Expires: Sat, 26 Jul 1997 05:00:00 GMT' ); header( 'Last-Modified: ' . gmdate( 'D, d M Y H:i:s' ) . ' GMT' ); header( 'Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate' ); header( 'Cache-Control: post-check=0, pre-check=0', false ); header( 'Pragma: no-cache' ); (参考) キャッシュされないページをPHPで作る […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

はてなブックマーク人気エントリー
カテゴリー